恋人空間が味わえる風俗

前回の風俗で夢がかなったんです

ちょっとした夢があったんです。それは風俗嬢をイカせたいなと(笑)男としての本能と言っても良いですよね。女の子をイカせるということは、屈服と言うか女の子を軍門に下らせたってことでもあると思うんですよね(笑)だってイカせたところで自分の快感には全然関係ないんです。でも気持ちとしては満足じゃないですか。それはやっぱり精神的なものだと思うんですけど、その一方で風俗嬢を強引にイカせようとして力んで一人相撲になってしまうのは控えるべきだと思うので、相手に負担をかけない程度に攻めていたんです。でも前回は相手がかなり感度が良かったのもあるし、自分の攻撃と彼女のボディの相性が良かったのかもしれませ。攻めていると彼女がどんどん感じてくれるのが分かりました。そして、こちらもその思いに応えるかのように呼応して最後は彼女をイカせることに成功したんです。その後こちらもイカせてもらいましたけど、イカせたことの方が満足ですね(笑)

サービスとして最高の存在だと思う

風俗はサービス業だと思うんですよ。だってお客を満足させるわけじゃないですか。接客業であることは間違いないと思うんですけど、でもじゃあどんな接客業なのかと言うと、そこはいろいろな考え方というか意見があるのも良く分かるんですけど、一つだけ言えるのはどの女の子も自分のために頑張ってくれるという点ですよね(笑)ホームページで女の子を見るじゃないですか。パネルでもいいんですけど、指名したらお客の前に立つのは「女の子」じゃなくて「風俗嬢」なんですよ。男を満足させるのが彼女たちの仕事なんです。その仕事を徹底してくれるというだけでもありがたいですけど、どの女の子も頑張らなければ次はないという気持ちもしっかりと持っているからこそ、真剣そのものですよね。それもまた、嬉しい所なんですよ。女の子が自分のために一生懸命なんです。その理由がお金のためとか稼ぐためとかであっても良いんです。だってそのおかげで満足出来るんですし。