恋人空間が味わえる風俗

あの日は最高。その確信がある

あの日遊んだTさんは最高の風俗嬢でした。間違いないですね。他の人はどう思うのかは分かりませんけど、少なくとも自分は彼女の存在が最高だなって思いました。彼女のあのアグレッシブな姿勢。そして実際に楽し前用とする心意気。これらこそいわばプロ意識と言っても良いんじゃないですかね。こうした意識って指導されてもなかなかか実践には出せないんじゃないのかなって思うんですよ。言われてすぐに出来るようであれば誰もが簡単に「最高の風俗嬢」になれるじゃないですか。でも実際にはなかなかうまくはいかないものなんですよね。でも彼女は普通に出来る子なんです。プロ意識なのか持って生まれたサービス精神がそうさせるのかまでは分かりませんけど、ふつうに考えたらやっぱり素晴らしいなって思いますよね。誰にでも出来ることではないことを平然と行う。それだけでも彼女がどれだけ魅力的なのかが分かるんじゃないのかなって。それもまた、ある意味では魅力ですし。

裸じゃない、本当です

裸同士で楽しむのが風俗の当たり前のことだと思いますけど、この前は裸ではなく、相手は服を着たままでした。まぁでもあれは裸と言っても良いのかもしれません。そして、むしろ普通の風俗以上に興奮しました。なぜなら、課は真だけ裸になったんです。上半身は服を着ているものの、下半身だけが剥き出し。そんなシチュエーションでのプレイはやっぱりこっちとしても相当楽しいものになりましたし、刺激的でもありました。目をつぶってしまえば何でも同じだろうって思っていましたけど、目を開けばそこには下半身だけを露出した風俗嬢が自分のために尽くしてくれているんです。あの光景は忘れられるものではないですね。というよりも、あんな姿の温アンナの子と二人きりになるシチュエーションそのものが普通では考えられないじゃないですか(笑)これが出来るのもやっぱり風俗だからこそなのかなって思ったら、その時間もまた、とっても貴重なものになったんじゃないかなって。