恋人空間が味わえる風俗

遠征する喜びは多々ある

たまにですけど、風俗のために遠征することもあるんですよ(笑)出張のあるサラリーマンであれば、出張の時に遠方の風俗を楽しむことが出来るでしょう。ですが自分は出張なんてめったにないんです。たまに社外の人と打ち合わせをすることもありますけど、会社の応接室や会議室、あるいは喫茶店の時もありますね(笑)そんな時にしか外に出ないのもあって、出張なんてないんです。だからたまにですけど、風俗のために遠征するんですよ。周囲には「趣味は一人旅」と告げているので、別にどこかに言っても訝しがられるようなこともありません。むしろ「お土産お願いね」くらいに言われるだけなんですよ(笑)ただ、これが結構楽しいんです。やっぱり風俗って言うなれば非日常じゃないですか。非日常をどれだけ楽しめるのかにかかっていると言っても決して過言ではないので、遠征と言う非日常が、まずは自分の気持ちを盛り上げてくれるんですよね(笑)だから楽しいんですよ。

受けるだけなら十分じゃないですかね

風俗っていろんなスタンスで楽しめるじゃない医ですか。攻めたり受けたり。あるいはどちらともってケースもありですよね。だから何をしたいのか明確な目的がある人は風俗のジャンル選びも決して難しくはないんじゃないのかなって思うんですけど、受けて楽しみたいのであれば、ピンサロで十分なんじゃないのかなって思いますけどね。ピンサロって安さばかりが売りというか、その点だけが特徴の風俗って思われてしまっているんですけど、決してそんなことはないんですよね。むしろ受けるだけであれば、これ以上ない刺激だったり、あるいは他の風俗では受けることが出来ないであろう刺激を受けられるんじゃないのかなって思うんですよ。だから受け身気質の自分にとってピンサロの存在はかなり大きいんです。ピンサロにしておけば、他の風俗では味わうことが出来ないであろう刺激を受けることが出来るってことを意味しているんです。それで安いんです。最高じゃないですか(笑)